修復のおおまかな流れ

お仏壇の痛み具合によって、各工程の中から必要な作業を確認して修復いたします。

1.お仏壇を分解する

伝統的なお仏壇は、ホゾ組という技法で作られているので各部品に分解することができます。修復の際は、まず各部品を繋いでいる楔留め(くさびどめ)や金具をとりはずして一つひとつに分解します。

仏壇解体風景

2.部品を洗浄する

分解した部品を洗浄液で洗います。永年使い続けてきたお仏壇についたホコリや汚れをしっかり洗い流し、乾燥させ、漆や金箔も古くなったものを剥がします。先にとりはずしておいた金具もきれいに洗って、色付けや金鍍金(メッキ)をし直します。修復が難しい場合は、新しい金具と交換も致します。 
※お洗濯のご注文のみでしたら洗浄後組み立てに入ります。


仏壇お掃除風景

3.釘穴・キズの補修
釘穴、キズ、虫食いやネズミなどにかじられて傷んでいる所があればパテなどで修復します。反りや痛みがひどい場合は部品ごと交換、またつくり直すこともあります。 

4.下地・中塗り・漆塗り

洗って乾燥させた部品を、新たに表面が平坦になるまで研磨した後、下地漆を塗り込んでいきます。同じ工程を何度も繰り返し、中塗りから上塗りへと塗り上げ、新品の光沢を蘇らせます。

 

仏壇漆塗り風景

5.箔押し・蒔絵

箔下漆(金箔を押すための漆)を塗っておいた部分に、ムラなく均等に金箔を一枚一枚押していきます。 


仏壇金箔押し風景

 6.金具打ち→組み立て

金箔を押し、乾燥させてから組み立てていきます。以上の分解・修復後の作業工程は、新品のお仏壇を作るのとほとんど変わらない工程で行われます。 

 
仏壇金具打ち組み立て