松川仏壇

連絡先:0776-27-5538
HOME | 役立ちコラム | 宗派 | 浄土真宗
浄土真宗本願寺派

浄土真宗

浄土真宗は、鎌倉時代に親鸞が開いた教えです。 阿彌陀佛(阿弥陀如来・弥陀仏とも)をご本尊とし、阿彌陀佛の本願力(全ての人々を救う絶対的な大きな力)によって信心が授けられる事で自然に「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」の念仏を唱え、死後は速やかに極楽浄土で仏となって今度は人々を救う手助けをするためにこの世に帰ってくる、という教えが骨子となります。 阿彌陀佛の本願力を頼るのは浄土宗と似ていますが、浄土真宗はよりその本願力への信頼を強め、仏にすがる気持ちすらも仏が与えてくれた救いである、と考えます。 浄土真宗はその後室町時代に庶民の間に爆発的に広がり、大きな力をつけました。後の江戸時代に本願寺の分裂、それによって真宗大谷派(東本願寺派)、真宗佛光寺派などが興るに至って、本派を特に「本願寺派(西本願寺派)」とするようになりました。 本山は龍谷山本願寺(通称・西本願寺、お西さん)。 ご本尊は阿彌陀佛。 主な聖典は「浄土三部経」、「正信念仏偈」等。 出家した僧侶であっても妻帯・肉食が禁じられない、戒律が無いという特色があります。 全ての人々が自然に阿彌陀佛への信仰を得て、自然に救われるはずであるという「絶対他力」の教えのため、決まった宗教儀式や習慣行事に囚われず、加持祈祷も行わない、というのも特色です。 ただ、その絶対の力を尊ぶために、御本尊の扱いはどこの宗教より厳しい側面もあります。