仏具 リン

りんとは?

仏壇に欠くことのできない仏具で、漢字で「鈴」などと書きます。
読経の時に鳴らします。ご家庭用の仏壇のりんは直径が7センチから15センチのものが適しているとされます。

宗派によって名称が変わります。鏧(きん)、鐘などと呼ぶ宗派もあります。りんを鳴らす棒は、りん棒などと呼ばれます。
寺院で使用するりんは家庭用よりも大きく、磬子(きんす)とも呼ばれます。
仏具 鈴

りんの意味

りんの使い方は、そもそもりんとは何かを知ることで、深く理解できるようになります。
りんを使う目的は、主に次の3つです。

  • 周囲の邪気を祓い、空気を清らかにする
  • お祈りしていることを故人に知らせる
  • 読経の調子を整える

それぞれ詳しく説明します。

  • 周囲の邪気を祓い、空気を清らかにする
    りんの澄み切った音色は、人の邪気を祓うことから、お参りをする周囲の空気を清浄にするといわれています。

    お葬式で僧侶が葬儀ホールに入ってくるとき、りんを鳴らしながら歩いてくるのは、ホール内を清めるためです。
  • お祈りしていることを故人に知らせる
    りんの音は、故人のいる浄土にまで届くといわれています。

    つまり、りんを鳴らすということは、「ここにいて、あなたのためにお参りしていますよ」ということを故人に知らせる行為です。
  • 読経の調子を整える
    お経の始まりと終わりに、あるいは読経の合間にりんを鳴らすことがあります。
    りんは、木魚などとともに読経の調子を整えるための、いわば楽器として使われます。

以上のような目的を考えれば、りんをどんなときに、どう使うべきかは、何となく理解ができるのではないでしょうか。

 
 
 

お寺 鈴

りんの鳴らし方

りん棒などの専用の道具を使います。りん棒は、人差し指と親指で軽くつまむようにして持ちます。
上からではなくふちに沿うように叩いて鳴らすときれいな音が出ます。内側を叩く宗派もあります。宗派によって、鳴らし方やタイミングが違います。 
お参りするとき、りんは次のように鳴らしましょう。

りんを鳴らすタイミングは線香をあげた後、合掌する前

線香に火をつけ、香炉に立てたらりんを鳴らし、合掌してお参りしましょう。

昔ながらのりんは、ふちをりん棒で打つ

昔ながらの半球型のりんは、ふちを打つととくにきれいな音色が出ます。ふちの外側と内側を叩くケースがあり、宗派によって違います。ただし、厳密に決まっているわけではないため、好みの音色がなる方を選んで叩きましょう。ふちの外側なら凛と澄み切った音になり、内側ならややこもった柔らかい音になります。

球体のりんは、中ほどを打つ

球体のりんは、ふちがないため、最も膨らんでいる中央部分をりん棒で鳴らしましょう。やや高めの、可憐な音色を聴くことができます。
最近はデザイン性を持った、ユニークなりんが増えてきています。とくに多いのが、完全な球体をしたりんです。

りんを打つ回数は1回から3回

りんを打つ回数は、1回から3回程度としましょう。回数は宗派によって違うとされてはいるものの、厳密なものではありませんし、お寺によっても考え方が違います。
ふちの打ち方や鳴らす回数を、寺院のしきたりにのっとって決めたいという人は、菩提寺に問い合わせてみましょう。

仏具 鈴 鳴らし方

仏壇とのバランスを

仏壇仏具店で購入します。
サイズや素材もいろいろあります。澄んだ音色の、余韻の長いものを選びましょう。可能なら、音を鳴らして気に入ったものを購入します。
また最近では、通販でも購入できます。
りんの製造方法、大きさ、素材によって値段もさまざまです。
宗派によって必要なものや、お仏壇とのバランスも考慮しましょう。

りんにも宗派がある?

りん自体に、宗派は関係ありません。りんを座布団の上に置くか、指定のりん台に置く宗派もあります。
浄土真宗本願寺派は、六角形のりん台を使用します。
真宗大谷派では、金襴輪(きんらんわ)の上にりんを置き、りん台に乗せます。りん台は4角形です。金襴輪が座布団の代わりです。
その他の宗派は、りんは専用の座布団の上に置きます

六角 鈴台
四角鈴台

りんの音色

良いりんは余韻の中でゆらぎ、心地よい音を奏でます。音色の違いは、大きさや厚み、製造法が鋳造か鍛造によって変わります。

りんは仏壇のどこに置く?

経机の上に置きます。最近は、家具の上に置く仏壇もありますが、その場合は経机が引出式になっています。また、折りたたみ式の場合もあります。
仏具の配置は宗派によっても異なりますので、菩提寺に確認しましょう。

仏具 鈴
     
たまゆら
   
仏具 鈴