お仏壇のお掃除とお手入れ

お掃除の時期と道具

 

お掃除の時期

 
本格的なお掃除をするのは、お正月、お盆、春と秋のお彼岸前を目安として下さい。
普段は、ホコリや汚れが目立つ部分をお仏壇専用の毛ばたきやクロス(布)で掃除して下さい。 
 

お掃除道具

毛ばたき、クロス(布)、真鍮磨き、白手袋
   
 

 

 
毛はたき
クロス

 
ピカール
白手袋

 

 金箔お仏壇のお手入れ方法

 
お仏壇は「一に掃除、二に勤行、三に学問。」と言われるぐらい、きれいにしておくことが仏様への何よりの敬意になりますので、まず合掌をしてから、お仏壇のお掃除を始めましょう。
一般的な手順は、

  1.  ご本尊、脇仏、お位牌のお掃除
  2.  金箔部分・内部・彫刻部分のお掃除
  3.  漆塗り部分のお掃除
  4.  仏具類のお掃除

金箔で特に気をつけるのは、汗と指の脂です。金箔は指紋等がつきやすいので注意しましょう。毛ばたきで払うときは、芯が当らない様に十分注意し、細かいところの掃除は、筆タイプの毛ばたきで払いましょう。
 

 
 
 
金仏壇

 
 
金仏壇お手入れ
 
金仏壇 お掃除
 
金仏壇 お掃除
 
金仏壇 お掃除

 

唐木・家具調お仏壇のお手入れ方法

黒檀、紫檀など唐木で作られたお仏壇の場合は、毛ばたきで埃を払い、クロス(布)で乾拭きをします。
市販の艶だし液で仕上げると、いっそう艶が出て色も深みが増します。
彫刻の部分は、毛ばたきで払い、細かいところは、筆タイプの毛ばたきで払いましょう。
 

 
 
 
唐木位牌
  
仏壇お手入れ
  
仏壇お掃除
  
仏壇お掃除

仏具のお手入れ方法

金属仏具で黒っぽい色付けや金メッキ・セラミック加工等を施してある三(五)具足・輪灯等は、表面の加工が剥がれる可能性があるのでクロス(布)で丁寧に拭き、艶だし液や真鍮磨きで磨かないで下さい。真鍮製のお仏具は、真鍮磨きで磨きましょう。

仏壇 お掃
 
ピカール
 
テガール
 
仏壇