数珠を学ぶ

数珠の起源

お数珠の起源については様々な説がありますが、古代インドのバラモン教で用いられた聖典が有力でございます。その聖典には、「連珠」という記述があり、その「連珠」が後に「念珠」、すなわち現在の「数珠」の原型になったということでございます。
聖典には、当時、お祈りする回数を数える際にお数珠を使う習慣があったとされています。この習慣をお釈迦様が取り入れ、中国に伝来し、その後、日本にも仏教伝来とともに伝わりました。お数珠を取り入れられたお釈迦様の教えは「仏説木槵子経」にこう説かれています。

ある国で国中に疫病がはやり、困っている国の国王にお釈迦様が、「百八の木槵子(無患子)の実をつないで、いつも手にして心から三宝(仏・法・僧)の名を唱えなさい。そうすれば煩悩が消え、災いもなくなります。心身も楽になるでしょう。」と語ったそうです。
 

数珠とは

珠数珠は『念珠』、『寿珠』などともいわれ、現在もっとも身近な仏具として広く普及しています。 
数珠は本来、お経を読む回数を数える道具でした。つまり、『数を念ずる』、『数を記す』ためのものとして『数珠』と呼ばれるようになったと言われています。 
現在は仏式のお葬式や法要には欠かせないものとなり、また厄除け、お守りとしての役割も担っています。 
またお祝いやアクセサリーとして使用する場合も増えており、その価値が見直されています。
 
お数珠には、大きく分けて略式数珠(りゃくしきじゅず)と本式数珠(ほんしきじゅず)の2種類の形があります。

 

略式数珠

略式数珠とは、宗派を問わず、すべての宗派のお客様にお使い頂る一重のお数珠のことです。男性用数珠と女性用数珠に分かれており、「片手念珠」と呼ばれることもあります。素材の種類が豊富で、コンパクトでお持ち歩き頂きやすいのが特徴です。

  
 
 
 
 
 
 
男性用のお数珠は、玉数で表されており、22玉、20玉、18玉サイズが基本のサイズです。それ以外に、本式数珠の108玉の意味を強く継承した、27玉、54玉のお数珠もございます。
 
女性用のお数珠の大きさは、玉のサイズで表されており、6ミリ、7ミリ、8ミリがございます。人気の大きさは、8ミリでございます。それ以外に、みかん玉やカット玉など、お洒落な雰囲気のお数珠もございます。

 

本式数珠

 本式数珠とは、各宗派ごとに決められた形式のお数珠で、その宗派のお客様にのみお使い頂くことができる、二重のお数珠のことです。男性用数珠と女性用数珠に分かれており、「正式数珠」と呼ばれることもあります。108個の玉数から仕立てあげられた格式高いお数珠です。

浄土真宗

数珠浄土真宗のお数珠は、男性用は紐房の片手数珠を使用します。女性用は蓮如結びが特徴的な主玉が108個ある形のお数珠でございます。

日蓮宗

日蓮宗のお数珠は、主玉が108個あります。真言宗と少しにていますが、五つの房があります。男性用数珠・女性用数珠ともに同じ形で、大きさが異なります。

浄土宗

数珠浄土宗のお数珠は、二つの輪からなり銀輪がついています。時宗用としてもお使いいただけます。男性用数珠・女性用数珠ともに同じ形で、大きさが異なります。

曹洞宗

数珠曹洞宗のお数珠は、主玉が108個あります。銀輪がついています。男性用数珠は紐房、女性用数珠は頭付房になります。

【 数珠の糸が切れてしまったら‥ 】
数珠・念珠の糸が切れると、何か不吉なことが起こるのでは?と心配される方がいらっしゃいます。

しかし、ご心配には及びません。

仏教の教えでも「形あるものはいつかは滅びる」と説いています。本来、数珠は、念仏を唱える修行で使われるものですから、僧侶の方々の数珠は当然、一般の方々以上によく切れます。

だからと言って、悪いことが起きることはありません。

むしろ、仏様が悪縁を切ってくださったと捉えると良いでしょう。そして、より数珠を用いて手を合わせる機会を増やすように励んではいかがでしょうか。

ただ、現実問題として、数珠の糸が切れることは非常に不便ですので、当店では、より切れにくい糸を用いております。珠に開けられた穴にも、縁を削る加工を施し、糸が切れにくい工夫をしております。

大切な数珠が切れてしまったらこちら