金仏壇写真

金仏壇

 
金仏壇は、木地師・宮殿師・彫刻師・漆塗師・金箔押師・蒔絵師・錺金具師の七人の職人が、分業により一つ一つを丁寧に、手作業で仕上げています。全体に黒の漆塗り、内部に金箔が張っている仏壇です。 
作られる産地によって外観に特徴があり、また宗派によっても形や塗りに違いがあります。
特に浄土真宗では、金仏壇が推奨されているようです。また浄土真宗では、他宗における位牌を主体とした先祖壇的な仏壇と区別し、各家庭における阿弥陀如来の礼拝の施設であるという意味で「お内佛」ともいいます。
 子孫に良い仏壇を残したいと考えたり、修理をしながら長い年月をかけて祀っていきたいと考えている人には、金仏壇がよいのではないでしょうか。
 福井県では、これまで金仏壇が主流となっております

 価格は50万円~ご用意しております。

購入はこちらから